--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-30(Wed)

テーマ別考察02.バイク事故が表すもの

第09話のバイク事故の後、比呂美は眞一郎の前で服を脱ぎ始める。これが第01話の脱衣所のシーンとの対比になっているのはすぐに分かることだが、どういう対比になっているかわかりづらい。ようするに比呂美がそれだけ吹っ切れたということなのだろうが、そこまで吹っ切れた理由が見えてこない。この対比を理解するためには今一度バイク事故について考えてみる必要がある。

で、このバイク事故について考えてみるがご都合ばかりが目について脚本的には洗練されたものとは言い難い。雪の中につっこんだから無傷でした。とか、すぐにタクシーで追いついてこれました。とか。そしてやっぱり物語的には比呂美がそこまで吹っ切れたことに説明をつけられない。ならば脚本ではなく演出側に理由を見いだせるのではなかろうか?

アニメの演出と言うのは基本的に本編で直接描かれていること、あるいは本編で描きたいことを形を変えて表現するものである。同じことを形をかえて重ねていくことで増幅させ受け手に伝わりやすくするものなのだ。このバイク事故もおそらくはなにか抽象的な意味を持たせてあるのだろう。

そうして考え直してみるとちょっとしたことに気づく。それは雪道をバイクで走るという事が危険だということである。危険な道を走る→危ない道→血縁疑惑のある相手との恋愛…という連想が出来るのである。ならば当然事故って転倒すると言う件は、血縁の証明ということになる。そしてその後の炎上し続けるバイクは、それでも消えずに燃え続ける恋の炎と連想出来る。

となると事故の時の石動純の台詞である「いっそドカーンとかなると諦めもつくのにな」は純の台詞ではあるものの実際には比呂美の“血縁が証明されれば壊れてなくなってしまう程度の恋なら良かったのに”という心情描写だと判断出来る。

そう、バイク事故は比呂美の眞一郎への思いが例え血縁が実証されたとしても諦められるようなものではないことを表しているのだ。
考えすぎだと言う反論もあるだろうが、ならば石動兄妹の恋愛感情が双方ともストーブとして、愛子の恋愛感情がグツグツと煮えたぎる煮物として表現されているのは何故なのか。true tearsでは、それぞれの恋愛感情がキチンと熱量によって的確に表現されているとしか考えられないのだ。

ちなみに第03話にて愛子は自身の恋愛感情である煮物を三代吉に食べさせて欲しいと頼まれて仕方なく食べさせるわけだが、当然本当は眞一郎に食べさせたい。続けて眞一郎に食べさせようとするけど、結局眞一郎は落としてしまう。で、それを三代吉が拾い上げて食べてしまうという形になっていて、完全にtrue tearsの愛子としての物語の展開がそのまま描かれてたりする。

で、話をまた第09話に戻すと、先に述べたようにアニメの演出とは本編で描かれていることや描きたいことを表すものである。つまりはバイク事故の心情描写も直接的に描かれているとは思えない以上、描きたいことを間接的に表していると判断出来る。ゆえに比呂美が炎上するバイクをじっと見入っているのは己の恋愛感情を見つめ直すと言う行為であり、つまりは比呂美は自覚的か無意識下の話かはともかく、己が眞一郎への想いを諦められないことを感じ取ったということになる。

そしてようやく眞一郎の前での脱衣シーンに戻る。自分が眞一郎を諦められないことを感じ取った比呂美が彼の前で服を脱ぎだすと言うことは、つまり相手を欲情させても構わないと言う意味になる。ここで第01話の着替え覗きを思い出してみる。あの場面では見られたほうの比呂美の方が平謝りをしていたが、あれは血縁疑惑のある相手なのだから絶対に欲情させてはならない。血縁疑惑を知らない眞一郎よりも知っている自分のほうがより気をつけなければならないと言う事から来ている。第01話の時点では気付けないことだが後から考えれば一目瞭然だ。

つまり結論として、第01話の着替えは相手を絶対に欲情させてはならないものだったのが、第09話の脱衣では欲情させても構わない…いや寧ろ欲情させた方がいいくらい…というように相手を欲情させることの是非という対比になっているのだ。

最後に、バイク事故の心情描写はかなり難しく、ちゃんと理解出来たものは少ないと思う。当方も脱衣シーンの対比という要素がなければ気づけなかっただろう。当方は基本的に脚本重視の人間なので演出理解力が乏しい。ゆえに、この極めてハイレベルな表現をさりげなく織り込めるなんてアニメの演出家というのはすごい人種なんだなと、ただひたすらに感心するばかりである。

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。