--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-11(Wed)

補足 04.石動兄妹の血縁

普通に考えるなら乃絵と純に血のつながりは無い。純が眞一郎を訪ねて来た時、眞一郎に「似てますね。妹さんに」とか言われた純は「全然」と即座に否定している。

酒蔵の少年と眞一郎が昔のアルバムで眞一郎の父の写真を見た時を思い出そう。酒蔵の少年に「坊ちゃんに似てますね」と言われた眞一郎は「そうかあ?」と返している。普通、自分が似てないと思っている血縁者との類似を他人に指摘されると普通こういう反応を返す。自分では似てないと思うけど他人から見れば似ているのかも知れない。そう考えてしまうのだ。

ゆえに即座に否定できる純には他人から見ても似て無いというなんらかの根拠を持っている筈。それは非血縁である可能性が極めて高い。さらに乃絵が自分の兄を純と時折名前で呼ぶのは乃絵自身も非血縁を知っていて心のどこかで兄を異性として認識している部分がある程度存在しているからだろう。後、乃絵の回想シーンで純がおばあちゃんの涙を貰うという言葉に反発している。これは純と祖母との距離感の遠さを示し、祖母とも非血縁である可能性を示すものだ。

非血縁なら妹に恋愛感情を持つのは異常ではないと言う人もいるかも知れないが、そういう人はドラマや漫画などフィクションに毒されているだけだ。普通、単なる兄妹としてしか意識せずに育った相手に恋愛感情を抱くことは無い。単なる妹だった存在に恋愛感情を持つのは異常でしかない。だが非血縁の妹への恋愛感情全てが異常なのではない。兄妹だけどその気になれば結婚だって出来る異性なのだと最初から意識し続けて育ったのなら異常にはならない。この差は外部の人間にはわからない事なのだが。

実際問題、田舎町で兄妹で結婚などしたら色々と悪い評判が立ちそうでもある。まあ引越しとかすれば万事解決することなんだろうが。
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。