--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-10(Tue)

補足 03.堤防

で、作中何度も登場する堤防である。OA途中の段階では海へ延びる場所で、新しい世界へと前に進むための道…等とも考えたが、それなら船着場の方がいい筈。ゆえに答えとしては成立しない。こういうすぐに自分で否定できる程度の事しか考えられなかった。それもそのはず堤防の意味は全話見ないと理解できないものだったのだ。

第12話において乃絵は純の告白の後に堤防に立つ。「何も見てない私の瞳から本当に涙なんて流れるのかしら」強風に煽られ波が堤防にぶつかって波しぶきがたつ。この波しぶきこそが涙である。

第13話における乃絵が泣けない理由を思い出そう。他人に心を開いてないから大切な人が出来ず。それゆえに涙も流れない。堤防とは…いや言い換えよう防波堤とは何なのか?それは外側の波を内側に入れないようにするものだ。外側の波は他人の感情で、それを受け入れないから内側には波しぶきもたたない。つまり涙も流れない。そう防波堤とは他人を受け入れない石動乃絵そのものだったのだ。まあ正確に言うならば防波堤の内側なんだけどね。

しかし全話見ないとわからない抽象表現を第01話からずっと続けていたのか…とか思うと。後ずっと続けていた抽象表現をろくに誰も理解しなかったりする訳で、アニメ製作ってのは大変だよなと思う。
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。