--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-17(Thu)

キャラ分析01.湯浅比呂美の精神分析

さすがに第1話の考察がメモ書きのみってはひどいと思うので予習として彼女の意識構造の分析などをば。

まず理解しなければいけないのは、彼女は表層意識と深層意識が完全に剥離して真逆を向いているキャラクターだということです。
表層意識は真面目な優等生なのですが、深層意識は我侭で自己中心的、独占欲が強くて泣き虫、極めて子供じみています。
そして普段は表層意識のみが表に出ているのですが、恋愛がらみだと深層意識がかなり頻繁に顔を出します。
こういった性格になった経緯はおおよそ推察できますが、これはまたの機会にしましょう。
ちなみに、深層意識の喜怒哀楽の感情のうち、「喜」「楽」そして「怒」の部分が我侭で独占欲が強く、「哀」の部分が泣き虫となっています。

で表層意識と深層意識が剥離しているため言動の不一致が発生します。つまりは深層意識に基づいた言動を表層意識が理解できなかったり、深層意識と真逆の言動を表層意識が行ったり、言葉は表層意識に従いつつ発するも行動は深層意識に基づいていたりします。

この言動不一致に主人公や自分自身が振り回されるのが彼女の魅力の大きなキモになっています。

あとこの複雑な性格が織り成す多面性、とりわけ相手ごとに異なる表情や表面的な性格を見せてくれることも重要なポイントだと思います。

さて、こういう性格をしたアニメキャラというのは中々いないのですが、
一人だけ類似性の高いキャラクターがいます。
それは「めぞん一刻」のヒロイン、音無響子です。
彼女もまた表層意識では真面目な優等生で、深層意識では我侭で独占欲が強いキャラクターです。
そして表層意識では彼女は自分の恋愛は死んだ夫ただ一人のみとしていますが、深層意識では新しい想い人である主人公、五代裕作を独占したくて仕方がありません。
それゆえ彼女は五代への恋愛感情を完全に否定しつつ彼が他の女性と親しくしていると激しい嫉妬の炎を燃えたぎらせるのです。

音無響子と湯浅比呂美。表面的な属性で考えると余り似ていない二人ですが、本質的な部分のみで考えると極めて似ているといえます。当方は湯浅比呂美を21世紀型の音無響子と考えています。いやむしろ音無響子を超えた存在であると思っています。

スポンサーサイト

2008-04-17(Thu)

一年次12月下旬:「朝の観察」

true tears 二次創作小説です。本編全話視聴終了済みの方のみご覧ください。



一年次12月下旬:「朝の観察」(対象年齢18歳以上とさせていただきます。18歳未満は読まないでください。なお本番行為は含まれておりません。あしからず)








まだ慣れていない枕のせいだろうか。目が覚めたとき、時計の針はまだ午前4時をさしていた。私は彼の腕から頭を起こす。彼はまだ熟睡している。私は夕べの激しい営みを思い出し思わず微笑んだ。
「まあ、確かに激しかったわよね」
私は彼を起こさないように注意しながらロフトを降りる。そして全裸のまま冷蔵庫をあけペットボトルを取り出し、スポーツドリンクを一口飲んだ。
「ふーっ」
私が息をついて辺りを見渡すと、部屋の中は静寂に支配されはじめる。時計の針の音がやけに大きく響く。いつもならここで少し物悲しくなるのだが、なぜか今日は少しも悲しくない。私はペットボトルにふたをしてロフトによじ登った。
ロフトの上では彼はまだ熟睡していた。私はスポーツドリンクの残りを枕元に置く。
そして崩れた掛け布団をきれいに直す為に一度彼の上から引き剥がした。
当然ながら彼もまた全裸だ。私の視線は彼の股間に集中する。
(そういえばまだじっくり見たことなかったな)
私は座り込んで彼の下半身を見つめる。彼の股間は毛こそ生えていたがちょっと子供っぽかった。オチンチンの先端が完全に皮で隠れている。
(包茎っていうんだよね)
私は彼のオチンチンをちょっと人差し指でつついてみた。
(柔らかい?)
気になった私は今度はしばらく指で押さえてみた。
(ぐにゃぐにゃだ)
こんな柔らかいものがあんなに硬いものになってしまうのだと思うと私は不思議でしかたない。
(夕べの半分くらいかなあ)
私は昨晩チラリと見たものを思い出した。大きさも随分と変化するものだ。夕べは大きくて逞しいと思えたのに今はなんだかかわいらしく感じる。
(実際、人と比べてどうなんだろ)
私は平均的なサイズというものを知らない。ゆえに彼のものが大きいのか小さいのか判断は出来なかった。
(ま、関係ないか)
結局、私は彼以外の人に抱かれるつもりはない。だからいくら比べてもそれは無意味だと気がついた。
そういてまじまじと彼の股間を見続けているうちに、私はふと我に返った。
(何やってんだろ、私)
私は掛け布団を掛け直してまた彼の腕枕に頭を預けた。
「あれ?」
私はそのちょっとした異変に気づいてまた起き上がった。そしてまた掛け布団を引き剥がす。すると彼のオチンチンはちょっとだけ先ほどより大きくなっていた。
我ながらよく気がついたと思う。掛け布団がほんの少し盛り上がっていたのだ。
(えっちな夢見てる?)
でも夕べ激しくむつみあったばかりでそんなことおこるのだろうか?そんな余裕があるというならもっともっと激しくしてもらわないと。
そうこう思ううちに彼のオチンチンは少しずつ大きくなっていった。角度も高くなっていった。そして皮で隠れていた先端が露になっていく。やがて彼の勃起は完全なものになった。皮がめくれて割れ目を覗かせたそれは少しグロテスクで、もうオチンチンなどというかわいらしいものではなくなっていた。猛々しい肉の棒だ。でもそれでもなぜか私はそれを愛らしく感じたのだった。
(なんでだろ)
私がその理由を考えながらペニスを見つめていると彼は突然うめき声を発した。
「乃絵…」
「なっ!」
私は彼の寝言に愕然とした。つまりは彼は石動乃絵を相手にえっちなことをしている夢を見ているのだ。しかも私の隣で。
「な、なんでよ!なんであの娘なのよ!!」
私は彼の肩を揺さぶった。なかなか起きない彼の姿が滲んでいく。
「馬鹿ーっ!!」
「う…うーん?比呂美?どうした?」
寝ぼけ眼を擦る彼。そして私の悲しみは頬を滴り落ちた。
「なんでよ…恋愛感情とかじゃないって…」
「お、おい!どうした!?なんで泣いてるんだ!?」
彼は私の涙に気がつくと起き上がって真剣な顔で見つめてきた。
「やっぱりあの娘がいいの?私じゃ駄目なの?ずっと隣にって…嘘だったの?」
「落ち着けよ!意味わかんないよ!」
「…エッチな夢見てたんでしょ…」
「は?見てないよ」
「嘘つき!じゃそれは!?」
彼はあたしの指先を追うようにして自分の股間を見つめた。
「ああ、朝立ちだよ」
「へ?」
「男の生理現象だな。別にエッチな夢とか見てなくてもこうなるんだ」
そういえばそういうの聞いたことがある。すっかり忘れてたが。
「じゃさっきまで見てた夢は…」
「うーんと、絵本を描いてて、なんか傑作が出来て…えーと、そうだ乃絵に見てもらおうと思って…」
「夢に出てきたんだ…」
「いや、中々会えないうちに起こされた。夢には出てこなかったな」
私はがっくりと肩を落とした。
「なんだ…エッチな夢じゃなかったんだ…」
彼は起き上がると手を伸ばし私の頬を拭ってきた。
「納得してくれたか?」
「ごめんなさい…」
私は素直に彼に頭を下げた。
「もういいよ」
私は枕元のペットボトルを彼に差し出した。
「飲む?」
「ん、ありがと」
彼はペットボトルを開けると口をつけてグビグビと飲み始めた。
(私の馬鹿。なんで信じてあげられなかったのよ)
私は彼の勃起し続けているペニスをじっと見つめる。するとふいにあたしの中にある衝動が湧き上がってきた。
チュ!
私は思わず四つんばいになって彼のペニスの先端に口付けをしていた。
「ぶほっ!」
むせ返る彼。
「な、何を!」
たぶん今、私は真っ赤な顔を彼に見せているのだろう。そして微笑みながら答えた。
「お詫び…かな?」
「そ、そうか?気にすることないぞ…」
彼はペットボトルに蓋をして枕元に置いた。
(そうだ。何で気がつかなかったんだろう)
世界でただ一人、私が愛する人の、私を愛してくれるための器官。そんな彼のペニスがいとおしいのは当たり前のことだったのだ。そう、いとおしいからきっと口でだって…

そんな私の思考を妨げるかのように彼が口を開いた。
「すっかり目が覚めちゃったな。で今何時?」
「四時過ぎよ。寝なおす?」
「いや、そろそろ帰るわ。母さんに見つからないうちに戻らないと…」
彼の言葉に私は思わず噴出す。
「ぷっ、なにそれ?ひょっとしてばれてないって思ってた?」
「え?ばれてるのか?」
「そうそう、ばればれ。だから…」
私は一旦言葉を区切ると彼に流し目を送る。
「もう一回戦。せっかくアレも元気になっているんだし」
「せっかくってな…」
「嫌?」
「…嫌じゃない…」
私はそんな彼に向かって両手を差し出した。
「さ、来て。眞一郎くん」
そう、二人の夜はまだ終わらない。


2008-04-17(Thu)

第01話「私…涙、あげちゃったから」考察ではなくメモ書き

第01話「私…涙、あげちゃったから」考察ではなくメモ書き

さすがにはじめのほうはまともな考察をつけるのは不可能なことに気がついた俺がいた。というわけでしばらくはメモ書きに徹することにする。



眞一郎の絵本創作。涙の絵本。
「こんなんじゃねえ!…もっと優しい絵が描きたいな」

暗がりでゆっくりと帳簿をつける比呂美。会話が続かない眞一郎。

屈伸という言い訳を信じる丁稚(仮)

夕食。比呂美に対していやみをいう眞母。

眞一郎の絵本創作。「どこかに天使がいて、君の涙を集めてくれればいい。そしてその涙で首飾りを作って樹に飾るんだ。きらきら光る涙の樹。」

朝、走って学校に行く比呂美。それをガラス越しに見る眞一郎は夕べとのギャップに戸惑う?
(ガラスとは透明な隔たり。見えないけど確実に存在する壁)

持久走?で好走していた比呂美、なぜか転ぶ。精神的に無理をしているということか?
あるいは三代吉と絡んでいる眞一郎に気を取られたのか?

眞一郎はアブラムシの唄に誘われて、鶏小屋の前の木にて石動乃絵と出会う。木の上にいるのは鳥のイメージということなのだろう。

「降りられなくなっちゃったの」眞一郎の上に飛び降りる乃絵。息を荒げる。

乃絵、初対面の眞一郎を飛ぼうとしない鶏の側と認定。

反撃した眞一郎は不幸の呪いをかけられる。

廊下をアブラムシの唄を唄いながら進む乃絵を見ながら眞一郎と三代吉は噂話をする、
眞一郎、ポストを確認。その後父親の顔を見に酒蔵に。

眞一郎、去年の夏、比呂美が引き取られたときのことを回想。いつも笑顔のはずの比呂美は悲しげだった。

眞一郎、門の内側で比呂美と出くわす。挨拶しか出来ない。
眞一郎の真似セリフシリーズ1「あなたに不幸が訪れますように」

踊りの稽古。やる気のない眞一郎。
今川焼き屋で愚痴る眞一郎。説教する愛子。
そこに三代吉登場。眞一郎気を利かせて退場。残念そうな愛子。

上着を脱がしてやろうとする眞母。過保護過ぎる。
眞一郎は拒否するも上着のにおいを嗅ぎ、洗濯の必要性に気がつき脱衣所へ。

15分18秒ごろのシーン、脱衣所では風呂に入る直前の比呂美の姿が。
15分20秒ごろのシーン、比呂美の縞パン。

着替えを覗かれた比呂美。なぜか平謝り。

眞一郎の真似セリフシリーズ2「きゃっ、えっち」

16分04秒ごろのシーン、比呂美、入湯。

眞一郎、ティッシュ箱で鶏を作る。ティッシュ箱を取り出すときに息を少し荒げる。
座り込んで作業する後姿。

16分43秒ごろのシーン、比呂美、フロントホック装着。ちなみにフロントホックは実質的にB以下ではつけられない(ずれるらしい)比呂美はCカップ以上あるはず。

17分13秒~15秒ごろのシーン、朝食を食べている比呂美の服が透ける。着替えを覗いた夜ゆえにセルフバーニングして(先のティッシュ箱の中の一部を使用)
彼女を見たときそれを思い出したということだろう。

出版社からの手紙で母親と眞一郎の口論。眞一郎は朝食もとらずに学校へ。
手紙を勝手に見た母を父が責める。比呂美、そんな母と目が合い、目をそらす。
母が比呂美を見たのは「あなたもあたしが悪いと思うの?」という問いかけであろう。
で、比呂美は答えることを拒否。

木の上の乃絵に呪いを解くことを要求する眞一郎。そんな彼を興味深そうに見つめる乃絵。
乃絵は眞一郎に抱きとめられることを要求。「ばっちこーい!」要求を呑む眞一郎の上に飛び降りる乃絵。

乃絵にティッシュ箱の鶏を見せる眞一郎。感激する乃絵。「あなた飛べるんじゃない?きっと飛べるわよ。いーこいーこ」眞一郎の頭をなでる乃絵。精神年齢が低い。それに昨日のときと比べての変節がすごい。

なぜ一旦鶏小屋を離れるのか意味不明。脚本の都合としか思えない。

二人が鶏小屋に戻るとそこには雷轟丸の姿はなかった。半壊した扉から狸の仕業と眞一郎は推察。

「そう、雷轟丸は飛んだのね」
飛ぶということには死という意味が含まれている?

眞一郎は乃絵が泣くのを確信するも彼女は涙を流さなかった。
堤防の上をアブラムシの唄を歌いながら歩いていく乃絵。歌詞の一部がが眞一郎に置き換わっている。
眞一郎は彼女の強さに感心する。だが彼女は
「私、涙あげちゃったから」



というわけでざっとメモ書き完了。
やはり考察の入る余地はほとんどないね。

まあガラスの表現は昨今のアニメでは結構多用される可能性が高いので知らなかった人は覚えておくと良いかもしれない。


2008-04-17(Thu)

はじめに 03.文句を

早めにクレームつけておけばひょっとして改善されることもあるのではとかちょっと甘い考えだとは思いますがやらないよりもやっておいたほうがいいと思いました。

以下少しばかりのネタバレを含みます。










第10話「全部ちゃんとするから」における比呂美のセリフ
「でも、今はもうそれは望んじゃいけないとことだから」
このセリフはどう考えても納得がいきません。これでは8話以前の比呂美です。
9話でちょっとだけ生まれ変わった比呂美とは思えません。
「でも、今はもう望んじゃいけないことかもしれない…」
こうするなら9話以降の比呂美として成立します。もう彼女は自分が眞一郎を諦め切れないことを自覚できているはずですから、諦めるセリフではなく、可能性は0ではないとするセリフにするべきです。微妙な差ですがきわめて大切なものです。

第11話「あなたが好きなのは私じゃない」の隠された真の第11話の比呂美の行動も多少違和感が残りますがこちらは改善案とかはありません。

第12話「何も見ていない私の瞳から」は問題のある場面が多いのですが、これは恋愛感情の有無を隠してミスリードするスタイルと深い恋愛感情との相性の悪さに起因するものなのでうまくセリフ改変しにくいですね。でも1箇所だけ。
「俺、そろそろ行かないと。祭りの打ち上げあるから」
このシーン、生まれ変わったはずの眞一郎が比呂美に嘘をつくのはさすがに納得できません。
ミスリードの必要性があるのはすぐに分かるんですが、さすがにやりすぎです。このセリフは
「俺、ちょっと行かなきゃいけないとこあるから。また後で」
こう変えるべきだと思います。これなら一応ミスリードとして機能しますし、嘘にもなりません。

第13話「君の涙を」は全体的に尺不足、必要なセリフすら極限までそぎ落とす感じ。とてもセリフ改変など不可能ですね。


結局、改善要求箇所は2箇所だけですね。正直、編集のやり直しや新規の作画がありならまだいくつか改善案は出てくると思うのですが、アフレコのみで対応できないと絶対にやってくれないでしょうから。セリフの改変のみだと思いつくのはこれだけですね。

というわけで、まだ第10話分以降のDVD発売には時間がある。ということで改善という奇跡を願っています。


2008-04-17(Thu)

はじめに 02.心構えを

まず言っておきたいのは作品を理解するのは個人であり、個々の解釈を完全否定する気はありません。当方の解釈こそが絶対に正しいのだと言う気もありません。理解力をもっと向上させろと言う気もありません。
商業主義にて作品を作る以上、誰にも理解されない高尚な作品作りとういのは結局は失敗作を生み出す元です。商業主義においてはペイラインの突破は絶対条件でこれを無視していいとは思いません。ゆえに明確にターゲットを定め、対象がきちんと理解できる作品作りを目指すことが重要だと思っています。正直true tearsはライトなアニメファンには荷が重い部分があると思います。失敗作なのかもしれません。でも断じて駄作ではありません。当方は作品解釈の一例を示すことによって駄作と決め付けている人たちに一石を投じられればという想いも少し持っています。ですがちょっともっともらしい説明を受けただけで否定派から肯定派に寝返るような人は心底軽蔑します。簡単に自分の主張を曲げたりしないでください。これは逆にいえば簡単に曲がるような主張を高々と掲げないでほしいということでもあります。この辺は心の隅に留めて置いてほしいですね。

なんか偉そうなことを並べましたが実際のところ、当方は単なるドングリにすぎません。多少背の高いだけのドングリです。もっと背の高いドングリは沢山いるはずですし、タケノコなどもっと大きな存在はいくらでもあります。でも、いや、だからこそ背の低いドングリが背の高さを自慢して平然としているのが納得できません。おまえらは背低いだろう自覚しろよと言いたくなります。当ブログの目的の一つは読み手に自分は背の低いドングリだと自覚させることです。まあそうそうドングリは自覚しないとは思いますが。
言い忘れましたが、自分はドングリなどではないという人には無関係なのでこの辺は無視してください。

念のため言っておきますが当方は自分が背の高いドングリだと自慢する気はありませんよ。

2008-04-17(Thu)

はじめに 01.概要を

当ブログはTVアニメシリーズ true tears のヒロインの一人、湯浅比呂美について研究考察するサイトです。
true tears の作品概要については以下のwikipediaリンクを参照のこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/True_tears_%28%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%29
なお必要ならば作品内容、演出意図、他のキャラの心理などについても考察します。
が当方は演出論などろくに知らない素人のため、かなり的外れな発言があるかもしれません。
いや多発するでしょうね。まあ、基本的に長く白い目で見てやってください。

あと、基本的にDVDの発売に合わせて考察を展開していく予定です。



つーか4月2日に始動するつもりがこんなに遅くなってしまった。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。