--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-17(Thu)

はじめに 03.文句を

早めにクレームつけておけばひょっとして改善されることもあるのではとかちょっと甘い考えだとは思いますがやらないよりもやっておいたほうがいいと思いました。

以下少しばかりのネタバレを含みます。










第10話「全部ちゃんとするから」における比呂美のセリフ
「でも、今はもうそれは望んじゃいけないとことだから」
このセリフはどう考えても納得がいきません。これでは8話以前の比呂美です。
9話でちょっとだけ生まれ変わった比呂美とは思えません。
「でも、今はもう望んじゃいけないことかもしれない…」
こうするなら9話以降の比呂美として成立します。もう彼女は自分が眞一郎を諦め切れないことを自覚できているはずですから、諦めるセリフではなく、可能性は0ではないとするセリフにするべきです。微妙な差ですがきわめて大切なものです。

第11話「あなたが好きなのは私じゃない」の隠された真の第11話の比呂美の行動も多少違和感が残りますがこちらは改善案とかはありません。

第12話「何も見ていない私の瞳から」は問題のある場面が多いのですが、これは恋愛感情の有無を隠してミスリードするスタイルと深い恋愛感情との相性の悪さに起因するものなのでうまくセリフ改変しにくいですね。でも1箇所だけ。
「俺、そろそろ行かないと。祭りの打ち上げあるから」
このシーン、生まれ変わったはずの眞一郎が比呂美に嘘をつくのはさすがに納得できません。
ミスリードの必要性があるのはすぐに分かるんですが、さすがにやりすぎです。このセリフは
「俺、ちょっと行かなきゃいけないとこあるから。また後で」
こう変えるべきだと思います。これなら一応ミスリードとして機能しますし、嘘にもなりません。

第13話「君の涙を」は全体的に尺不足、必要なセリフすら極限までそぎ落とす感じ。とてもセリフ改変など不可能ですね。


結局、改善要求箇所は2箇所だけですね。正直、編集のやり直しや新規の作画がありならまだいくつか改善案は出てくると思うのですが、アフレコのみで対応できないと絶対にやってくれないでしょうから。セリフの改変のみだと思いつくのはこれだけですね。

というわけで、まだ第10話分以降のDVD発売には時間がある。ということで改善という奇跡を願っています。


スポンサーサイト

2008-04-17(Thu)

はじめに 02.心構えを

まず言っておきたいのは作品を理解するのは個人であり、個々の解釈を完全否定する気はありません。当方の解釈こそが絶対に正しいのだと言う気もありません。理解力をもっと向上させろと言う気もありません。
商業主義にて作品を作る以上、誰にも理解されない高尚な作品作りとういのは結局は失敗作を生み出す元です。商業主義においてはペイラインの突破は絶対条件でこれを無視していいとは思いません。ゆえに明確にターゲットを定め、対象がきちんと理解できる作品作りを目指すことが重要だと思っています。正直true tearsはライトなアニメファンには荷が重い部分があると思います。失敗作なのかもしれません。でも断じて駄作ではありません。当方は作品解釈の一例を示すことによって駄作と決め付けている人たちに一石を投じられればという想いも少し持っています。ですがちょっともっともらしい説明を受けただけで否定派から肯定派に寝返るような人は心底軽蔑します。簡単に自分の主張を曲げたりしないでください。これは逆にいえば簡単に曲がるような主張を高々と掲げないでほしいということでもあります。この辺は心の隅に留めて置いてほしいですね。

なんか偉そうなことを並べましたが実際のところ、当方は単なるドングリにすぎません。多少背の高いだけのドングリです。もっと背の高いドングリは沢山いるはずですし、タケノコなどもっと大きな存在はいくらでもあります。でも、いや、だからこそ背の低いドングリが背の高さを自慢して平然としているのが納得できません。おまえらは背低いだろう自覚しろよと言いたくなります。当ブログの目的の一つは読み手に自分は背の低いドングリだと自覚させることです。まあそうそうドングリは自覚しないとは思いますが。
言い忘れましたが、自分はドングリなどではないという人には無関係なのでこの辺は無視してください。

念のため言っておきますが当方は自分が背の高いドングリだと自慢する気はありませんよ。

2008-04-17(Thu)

はじめに 01.概要を

当ブログはTVアニメシリーズ true tears のヒロインの一人、湯浅比呂美について研究考察するサイトです。
true tears の作品概要については以下のwikipediaリンクを参照のこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/True_tears_%28%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%29
なお必要ならば作品内容、演出意図、他のキャラの心理などについても考察します。
が当方は演出論などろくに知らない素人のため、かなり的外れな発言があるかもしれません。
いや多発するでしょうね。まあ、基本的に長く白い目で見てやってください。

あと、基本的にDVDの発売に合わせて考察を展開していく予定です。



つーか4月2日に始動するつもりがこんなに遅くなってしまった。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。